TOP(トップ)
中国百科検定とは?
試験実施概要
過去問題
合格対策
受験の申し込み
団体受験
第11回試験の概要
受験料
各級の説明
受験資格
よくある質問
お問い合わせ

各級の説明

 試験概要(各級の説明)


【出題範囲】 公式テキスト『中国百科』『中国百科検定問題集』とホームページ掲載の『増補分新版』
ただし、初級受験の場合は、「公式テキスト」などを読んでおく必要はありません。

【出題レベル】

(初級)中国に特別に関心がない人でも知っているような知識。ウェブサイト掲載の過去問題にて受験準備されたい。
(3級)少しでも中国に関心があれば持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』とウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』の問題部分の3級の中からほぼ全問出題されます。
(2級)中国に関心の深い人は持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』とウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』の問題部分の3級・2級の中からほぼ出題されます。できれば公式テキスト『中国百科』を熟読して受験準備されたい。
(1級)中国事情に熟知していてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』の1級を参考に、公式テキスト『中国百科』、ウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』をマスターして受験準備されたい。
(特級)各分野を極めていてほしい知識のレベル。地理、政治経済、歴史、文化・芸術・風俗習慣の4分野から1分野を選択。他分野との併願はできません。

【問題形式】 3級、2級、1級は全60問、初級は全40問、4者択一のマークシート方式。特級は全40問、記述式。
【合格基準】 初級と3級と2級は正答率70%以上、1級と特級は正答率80%以上を合格とします。



検定紹介動画




・中国百科検定(日中友好協会主催)
各級のご紹介


第8回中国百科検定(2020年11月29日・日曜日)
のご紹介(日中友好協会主催)


各級の説明

試験概要(各級の説明)


【出題範囲】 公式テキスト『中国百科』『中国百科検定問題集』とホームページ掲載の『増補分新版』
ただし、初級受験の場合は、「公式テキスト」などを読んでおく必要はありません。

【出題レベル】

(初級)中国に特別に関心がない人でも知っているような知識。ウェブサイト掲載の過去問題にて受験準備されたい。
(3級)少しでも中国に関心があれば持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』とウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』の問題部分の3級の中からほぼ全問出題されます。
(2級)中国に関心の深い人は持っていてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』とウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』の問題部分の3級・2級の中からほぼ出題されます。できれば公式テキスト『中国百科』を熟読して受験準備されたい。
(1級)中国事情に熟知していてほしい知識のレベル。『中国百科検定問題集』の1級を参考に、公式テキスト『中国百科』、ウェブサイト掲載『中国百科増補分新版』をマスターして受験準備されたい。
(特級)各分野を極めていてほしい知識のレベル。地理、政治経済、歴史、文化・芸術・風俗習慣の4分野から1分野を選択。他分野との併願はできません。

【問題形式】 3級、2級、1級は全60問、初級は全40問、4者択一のマークシート方式。特級は全40問、記述式。
【合格基準】 初級と3級と2級は正答率70%以上、1級と特級は正答率80%以上を合格とします。

検定紹介動画




・中国百科検定(日中友好協会主催)各級のご紹介






第8回中国百科検定(2020年11月29日・日曜日)のご紹介(日中友好協会主催)