▼NEWS

 

2020.10.20 香港問題学習講演会


開催日:2020年11月20日(金)14時@文京区民センター

 

 

 

 

 

 

2020.8.8 平和を願う文京戦争展・漫画展
2020年8月10日(月)〜12日(水)

 

 

 

 

 

 

2020.6.19 太極拳講座7月から再開のお知らせ

 平素よりお世話になっております。また、この度は講座の件で、お手数おかけしております。7月9日(木)から東京都感染拡大防止ガイドラインに基づき、対策に留意し、講座を再開させて頂きます。 7月からの講座は9月までとなり、受講料やクラス編成も変更となっております。また密集を避けるため、一クラス15名の定員とさせて頂きます(※同時間で2クラスの場合は総計で15名)。対練は当面は、相手と組まず、相手に直接触れずに套路を行う練習をします。 お申込の際は、事務所にお越しの際や、お電話、FAX、メールなどでご連絡ください。お支払いは初回ご参加授業日に、郵便振替用紙をお受け取りになり、その後にお支払い頂く形でも結構です。合わせてお申込書もご参加の際に提出ください。

 

 7月から開催のクラスはこちら。

 

7月太極拳講座

 

 

 

 

 

中国語講座7月から再開のお知らせ

 中国語講座につきましても、7月から講座を再開させて頂きます。 なお、中国語講座につきましては、7月2日(木) より開始いたしますが。7月2日(木)から8日(水)は準備期間として、 希望者は無料でご参加頂けます。(※定員制限及び在校受講生優先となります。) また、本講座は9日(木)から9月までの開講となります。 授業時間は全て90分の実施とし、その分受講料を下げ、 受講再開しやすいようにいたします。

 

 7月から開催のクラスはこちら。

 

 

 

 

2020.6.19 にんにくと甘栗販売のお知らせ

 

 

『中国百科検定学習会』

 

 

2020.6.19 理事長談話「全人代での『国家安全法制』決定に関し、中国政府による香港基本法と『1国2制度』の原則遵守を求める」

 日本中国友好協会は、「国家安全法」をめぐる香港の情勢を憂慮して、理事長談話「全人代での『国家安全法制』決定に関し、中国政府による香港基本法と『1国2制度』の原則遵守を求める」を発表し、報道各社に送付しました。以下がその全文です。

 

全人代での「国家安全法制」決定に関し、中国政府による香港基本法と
「1国2制度」の原則遵守を求める

 

日本中国友好協会理事長 田中 義教

 

5月28日、全人代で香港の「国家安全法制」(以下「安全法」)が採択されました。同法では香港での国家分裂行動、政府転覆、外国勢力の関与、さらに組織的テロ活動などが禁止されることとなっています。昨年行われた逃亡犯引渡し条例に反対する抗議行動を、中国政府は外国勢力の関与による不法な組織的テロ行為、国家分裂活動と見なし、安全法が不可欠としていますが、国際世論は強く反発しています。さらに中国の国家安全当局が香港に配置されて監視活動を行うことなどが安全法に盛り込まれたことなどから、香港では激しい抗議行動が繰り返される事態に至っています。

 

植民地香港を平和的に、繁栄を維持しつつ返還させるため、中国はイギリスとの協定で「1国2制度」「資本主義50年不変」を世界に約束しました。1997年の返還式典にはアメリカを含む世界各国が招待され、香港の繁栄を共に慶祝しました。この歴史的事業を成功させ、その後経済大国となった中国がこの約束を守るのかどうかを世界中が注目しています。仮にも「1国2制度」が崩壊すれば、香港の繁栄と香港市民の将来だけでなく、中国に対する世界の信頼は奪われることになるでしょう。

 

返還時には香港独立や革命を主張する勢力は皆無でしたが、残念ながら返還からの20年余りの間に香港市民の不安や反発が強まり、現在は香港を脱出する市民も増え、全人代決定が実行されればその数が急増することが懸念される事態となっています。あらゆる暴力に反対する立場に立つ者として、昨年の主催者発表100万人の平和的な抗議行動、区議選等で示された市民の感情に配慮し、冷静に市民との対立を回避し、基本法と「1国2制度」の原則を厳守することこそが香港の繁栄維持に向けての唯一の解決策と考えます。

 

香港基本法では「1国2制度」の原則の下で、集会、結社、デモなどの自由が保障されていますが、死文化してしまうことを香港市民は恐れています。中国は多くの国際人権条約の批准国として人権規約を順守する義務があることは言うまでもありません。 いまや香港の将来は香港市民だけのものではありません。「1国2制度」の破綻は中国本土と香港両市民間の信頼の醸成を妨げ、日本における反中感情をさらに高めることを強く懸念します。国際紛争の平和的な話し合いによる解決を主張してきた中国が、平和を願う大国としての責任を果たすことを心から願い、力ではない平和的な話し合いによって事態が打開されることを強く求めるものです。

 

2020.5.29 都連太極拳講座、6月8日より一部再開のお知らせ

 東京都連の講座は、新型コロナウイルス感染症に関する影響を鑑み、休講としておりましたが、
国の「緊急事態宣言」が解除された後、東京都の休業要請の解除が発表された為、
講座の準備が整い次第、順次再開して参ります。
太極拳の一部クラスにつきましては、単発でご参加頂ける特別編成として、6月8日(月)~6月27日(土)の期間で実施いたします。

 

 6月開催のクラスはこちら。

 

太極拳6月開講講座

 

 この準備期間中の受講料は、3月迄の休講3回分の受講料を充当し、「休講スポット券」として利用頂けます。通常のスポット料金(1回2200円)もご利用できます。
6月の開講準備期間のクラスは、開催しているクラスについては、いずれのクラスも普段の在籍クラスと関係なく、希望のクラスへ単発でご参加頂けます。ご自身の所属教室・種目に関係なく、気軽にご参加ください。
なお、密集を避けるため、定員は12名までとさせて頂きます。
お申込は前日までにお電話、メールなどにてご連絡ください。

 

 なお、講座再開にあたり、都連文化センターの太極拳講座では、感染予防の為、
東京都感染拡大防止ガイドラインに基づき、対策を行って参ります。

 

 また、金曜千代田講習会42式剣クラスも、 6月12日、26日(金)に実施いたします。
受講料につきましては、6月から9月までの会費となります。7月からご受講頂くこともできます。

 

2020.5.27 都連講座の実施状況につきまして

 みなさま、いつもお世話になりありがとうございます。
都連講座の春学期開講日は、新型コロナウイルス感染症に関する影響を鑑み、休講としておりますが、国の「緊急事態宣言」が解除された後、各自治体の対応状況を鑑み準備が整い次第、レッスン再開して参ります。

講座の再開時期は、現在、7月から9月までの3か月間の授業を予定してます。なお、6月は開講準備期間として、一部のクラスの再開を検討しております。
その場合には、随時ご案内申し上げますので、どうかご了承ください。

 

 

2020.5.1 都連講座、開講日の延期につきまして

みなさま、いつもお世話になりありがとうございます。
都連講座の春学期開講日は、新型コロナウイルス感染症に関する影響を鑑み、5月7日(木)から開始予定としておりましたが、まだ現状は収束の兆しが見えないことから、講座再開を延期させて頂くことにしました。
5月は全ての講座で実施を中止といたします。講座の再開時期は、現在、7月から9月までの3か月間の授業を予定してます。なお、6月は開講準備期間として、一部のクラスの再開を検討しております。初段審査につきましては、現状、5月の講習も中止となることから、審査実施時期を秋ごろに延期させて頂きます。

 

新型コロナウイルス感染症に伴う講座情報をホームページにて随時アップデートしています。詳細は、以下のホームページをご覧ください。

 

 “日本中国友好協会東京都連合会”で検索
https://www.jcfa-net.gr.jp/tokyo/

 

※この期間に実施を予定している体験レッスンおよび見学につきましても、
決まり次第、ご案内いたします。

【営業時間変更のご案内】
臨時休講中の間、事務所は通常営業時間を変更いたします。
平日 10:00〜17:30
土日・祝日 休業
大変ご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますようお願い申しあげます。

 

 

2020.4.2 都連講座、春学期開講日の変更につきまして

都連講座、春学期開講日は、当初4月15日からを予定しておりましたが、
新型コロナウイルス感染症に関する影響を鑑み、
5月7日(木)から開始とさせて頂くことになりました。
レッスン再開日程、補講等の詳細につきましては、
改めてホームページ、メール、お電話等でご案内させて頂きます。

 

また、3月迄の期につきましては、休講分の受講料を、
来期の受講料の一部として充当させていただきます。
退会をお申し出の場合は、返金をさせて頂きます。
ご不明な点等ございましたら、事務局まで、 お問合せください。
恐れ入りますが、宜しくお願いいたします。

 

 

2020.3.27 都連講座レッスン休講延長(3/25~) 措置につきまして

都連の講座については、新型コロナウィルスの感染拡大を防止する観点から、
休講措置を取り、その後、3月21日(土)より再開をさせて頂きましたが、
3月25日の新型コロナウイルスの感染症拡大防止および行政による外出自粛要請を受け、
状況に鑑み、改めて講座の休講措置をさせて頂くことになりました。

 

休講期間:3/26(木) 夜~

 

なお、再開時期に関しましては、現在4月15日からを予定しておりますが、
レッスン再開日程、補講等の詳細につきましては、
改めてホームページ、メール、お電話等でご案内させて頂きます。
急なご案内となり、お手数をおかけします。
ご不明な点等ございましたら、事務局まで、 お問合せください。
恐れ入りますが、宜しくお願いいたします。 

 

※この期間に実施を予定している体験レッスンおよび見学につきましても、
決まり次第、ご案内いたします。

 

 

 

 

2020.2.2 中国への緊急支援のお願い


 

 

『中国百科検定学習会』

 

 

2020.2.1 千代田学習会のお知らせ

都連(東方学会ビル)4階A教室
てーま モーニング娘。に中国人留学生がいたころ
とき、 2020年3月27日(金)6時 一時間半程度
ところ 東方学会4階A教室
話す人 千代田支部関

 

ジュンジュンとリンリンがくにに帰ってから10年以上たちました。
あのころ娘たちは何を見たのか。異国に来たカルチャーショック
仲間になっていくときの軋轢。そこから学べることはあるかもしれません。
モーニング娘。プラチナ期をつくったメンバー。8期メンバー。
16歳になっていないとステージに立てないフランスで公演をおこなった。
かかった橋は世界にという頃の話。アイドルで青春を駆け抜けたふたり。
青春の一ページって、地球の歴史からするとどれくらいなんだろう。
友好って出会いです。娘たちの出会いの物語を語れればと思います。
会員、会員の紹介の方は無料です。それ以外の方は考えてませんが、
時期が近づいたらホームページでお知らせします。
YOUTUBEで次の曲を視聴していただいておくと分かり易いでしょう。
リジナントブルー。そして 雨の降らない星では愛せないだろう。

 

3月27日の学習会について その1

 

2010年にモーニング娘。から3人のメンバーが卒業しました。そのうちのふたりジュンジュンとリンリンは中国からの留学生でした。というお話をさせていただこうと準備を始めましたが。モーニング娘。というアイドルグループを知っていても、二人がいた時期をプラチナ期と呼ぶとかそういう用語解説をしますと時間が足りそうもありません。なので沿革を出しておこうと思いこういう文章を書かせてもらいました。
日本が世界に発してるものはたくさんあります。多くは製品商品ですが文化エンタメもある。伝統芸能マンガアニメJ-POP、アイドル。
アイドルというのは1970年後期から80年代にかけて日本で広まりました。それまではスターと新人といったとこから、人気者ということだったでしょう。もとはシルヴィ―バルタンの曲【アイドルを探せ】ダンスパーティに誘いたい女の子いないかな。ピンクレディ花の中三トリオ。男性もふくまれるようになっていきました。時はバブルの時代。年間600組とかのデビューのほとんどがアイドルだったり。しかしブームは去るものだし人は飽きるものです。この歌をこういう衣装を着てこういう風に歌えってだけでは飽きられる。自分で曲を作り世界観を打ち出すシンガーソングライターが台頭することになります。そしてバブルが崩壊した世紀末。ラブマシーン現象といったものが起きた。
ロックインジャパンというのは複数のステージに多くのアーティストが出演するものですが昨年モーニング娘。が出演したとき集まった観客は遺伝子が覚えていたといったとかいうのあったそうです。ラブマシーン現象の時、物心ついた人はいまアラサ―ぐらいでしょうか。
オーディションで加入と卒業を繰り返す。グループアイドルは形作られましたが、8期メンバーとしてジュンジュンとリンリンの加入する前に音楽シーンは激動の時期を迎えます。
21世紀に入ってCDが売れないということが起こりました。それまでヒットすればミリオン100万だった。音楽に携わる人たちは業態を変えていくことになります。多品種少量生産とかライブやコンサートのチケットを売り観客にグッズを売る。ジアルフィーにはお酒ありましたし。北島三郎さんはサブちゃんラーメンとかあっておいしいですよ。
アイドルもかわいいだけではってなっていったわけで、ステージをちゃんと作らないと。ジュンジュンとリンリンが加入したころはそういう時代でした。チームとしても個人としても自分のスキルアップをしていかないと。言葉も不自由な少女が異国に来て何があったのかは本人でないと分からないものもあるでしょう。彼女たちが見せてくれたものを、お伝えできればと思います。
日中間の民間交流って多彩なものだと思います。ひとつの側面からのアプローチとそれを理解することを深められればいいと思っています。
続きます。

 

3月27日の学習会について その2

 

ジュンジュンリンリンのいた2008年にモーニング娘。は宝塚とミュージカルシンデレラを上演しました。きれいな舞台だった。黒地にシンデレラってロゴのTシャツは児童向けのが最初に完売していた。あれを着たお嬢ちゃんたちは宝塚を受験したんでしょうか。モーニング娘。のオーディションを受けたんでしょうか。その前初めて宝塚とハロープロジェクト(モーニング娘も参加してる)が【リボンの騎士】をつくったとき宝塚の座付き作者さんはモーミング娘。を基礎訓練は足りないが実戦経験豊富な兵隊さんって言っていた。
後にハロプロで舞台をつくった末満さんはアイドルという過酷な生き方を選んだ少女たちって言ってたりした。
高校野球で甲子園をめざす。中学のときめだっても高校でどこのチームにはいってレギュラーになれるか。甲子園に行けるか。優勝するのはひとつだけ。それでもプロになれるってもんでもない。
アイドルはアマチュアじゃないのでもっと過酷とも言えます。オーディションであなたの歌とダンスで7000円のチケット買っていただけるのって言われるのが小学生だったりする。歴代45人のモーニング娘。のふたりが中国人だったことの意味はこれからも歴史をつくってくでしょう。あのとき異国に来てモーニング娘。になろうとした二人が残したもの。ワンチームをつくっていった。それが世界に伝わっていったということは今だからわかるってことかもしれません。ネットが果たした役割があって今はもう世界につながるネットがないと世の中動かなくなっています。1998-2020のエポックメーキングな時期プラチナ期っなんだったのかってなりましょうか。

 

3月27日の学習会について その3

 

モーニング娘。がフランス公演をしたとき、ジュンジュンとしえリンリンは日本のグループのメンバーとしてきましたと自己紹介しました。オーディションに通ればメンバーですが。当時のリーダーサブリーダーは二人に泣きながら話したことがあったそうです。詳細はつまびらかではありませんが。仲間として一緒に進もうってことだったでしょう。 フランスでは16歳になっていないとステージに立てません。中学生メンバーがいたりするときはいけませんが、めぐりあわせでしたでしょうか。ジャパンエキスポというイベントに招かれてでした。まるで日本でのようなって雰囲気の会場ってなったようですが、日本語中国語フランス語のほかに英語やドイツ語もってなっていたようで。それはネットがあって世界の人たちが今のそのときのモーニング娘。を知ってくれていたからです。パフォーマンスが世界に届く視聴される時代ってなっていました。
80年代アイドルはテレビによって生み出された。ネットによってそれが進化していったということでしょう。だから逆に現場に行く。ライブを見ることが求められて。大きなトレンドだけではない多様性とか特殊性とか独自性とか。
モーニング娘。も参加するハロープロジェクトは世界にアジアに出かけたりしてますし、日本に来てもらうってこともあります。アイドルはそういう文化交流の一部です。
モーニング娘。だけではないお姉さんメンバーがユニットを組んでってありました。中国に行ったときとか。エピソードたくさんあります。

 

3月27日の学習会について その4

 

ジュンジュンとリンリンがいたころ、四川大地震がありました。視線にいる友達と連絡が取れない心配しているとかあって。あのころコンサート会場で義捐金を募っていたりしていた。いまは台風15号19号の被災地にってあったり、あの後日本の災害で中国からの支援があったり。
自然との闘いは人間の闘い、協力してくものでしょう。ふたりがいたときは中国に行くとか多かったです。日本と中国は長い交流がありますけど、近年の文化交流は壁もありました。国交回復してなかったり。中国でちゃんとコンサートしたの西條秀樹さんだったし。公式なイベントで仮称したのはエクザイルのアツシさんでしたでしょう。文化交流は少しずつ進んでいった。モーニング娘。が中国に行った時もいわゆる地上波ではなくて、ケーブルテレビに出演しました。視聴されてる方何人ですかって聞いたら3億人とかだったで す。
文化交流は人間同士のつながり、自然との闘いは人間としてのってものでしょう。ですからいま私たちはこう発するべきなんじゃないでしょうか。武漢加油。
娘。たちがしてたことってこういうことを確認するってことだったのだろうと今更ながら思います。
モーニング娘。の20年余りは黄金期プラチナ期そのあとの二つとかに分けられていて、EDM期とか第二黄金期かな。そのあとはまだ明確じゃないですけど。もうすぐリーダーサブリーダーとか卒業すれば時代区分できるんじゃないでしょうか。
ジュンジュンとリンリンがいたプラチナ期もどういう意味のあった時期かが確認できるだろうと思います。二人は国に帰ってママになって子育てしてますけど、それも歴史をつくるってことなんでしょう。

 

3月27日の学習会について その5

 

オタクとかヲタクとかいう表現はゲームやアニメからですが。熱烈なマニアックなファンとしてモーニング娘。のファンをモーオタといつから呼ぶようになったかは定かではないですが。世に広まったのはフジテレビにバラエティで芸人さんが演じたからでしょう。なかなか強烈でしたから。
オタクっていうのは好きなことをとことん突き詰める人達ですから、ジャンル全部ではなくてもある部分では専門家を超えますでしょう。日中友好協会は中国おたくも大勢いますけど専門家レベルもいます。中国にも日本おたくって方々がいらっしゃいますでしょう。
♪ この広い空翼を広げて、自由に羽ばたかなきゃ生きてる意味ない。 きっとこの空は世界につながっていて、中国の空の下子育てしてる二人も困難を乗り越えようとしてるでしょう。心は届くって思っています。
人間は自然に翻弄されるし人間の社会は揺れ動きますでしょうけど、人生ってそれをこえてすすんでくものってなるでしょう。あのころ蓋に見せてもらったものは後輩たちに引き継がれていて、世界とのつながりになっていってる。
ふたりが見せてくれたものって、日本と中国はすごく違うってことでもあったし理解できなくても共通の同一のものってあって仲間になれるってことだった。目指してるところは一緒だから。ってのは今のリーダーの言葉ですけど先輩から後輩につながってゆく続いてくストーリーはきっと今もこれからも。
不思議なものです。中国で何か起きてるって報道に接しても映像なわけですけど。
あの時ステージに舞台に立っていた娘がいま中国にいてってなると生きてる人間の鼓動とか息づかいとかで感じられますから。
ジュンジュンが卒業した後中米でしたかお仕事ありました。飛行場に歓迎って書いたプラカードを持った女の子がいて気づいたジュンジュンはハグしたそうですけど。その日来るのは分かっても時間は分からなかったんじゃないかな。パンクちゃるという者でもないし。朝からずっと待っていたんでしょう。ファンというのはすごいです。敬意をこめてモーオタさんて呼んどきましょうかね。

 

3月27日の学習会について その6

 

目指すものは、歌ダンス演技パフォーアンススキルをあげること。仲間としてライバルとしての切磋琢磨。先輩を追いかけて後輩に教えて。ルックスや表情トーク力。中国から来た二人は言葉の壁や文化の壁。自分を探して自分をつくって自分の居場所を切り開いて。
1年で中堅3年でベテラン5年たったら卒業を考える。全力疾走の青春。ティーンエイジャーになるころにスター17~8歳で転機を迎える。
リンリンが中国に帰ってイベントに参加したとき。歌い始めた彼女の前に人が立ち止まったり集まってきたとかあったそうです。歌の力というものでしょうか。歌がうまいってどういうものかは言えませんけれど。心に届く心を動かす心に何かが生まれるってことになるものかもしれません。実績や経験のある先輩たちに対してアイドルには何があるんでしょうか。世阿弥って日本芸能の祖って方ですけど。時分の花ってあります。若い時に若い時だけ放つことのできる輝きってことでしょう。若さの輝きとそのときだけしかできない表現がマッチするのかもしれません。
ステージに立ってパフォーマンスするのが年間250回とかなると体力や精神力でアスリート並みの限界への挑戦ってなりますでしょう。芸能人は体力だってことかも。そういう挑戦をしても歌でご飯が食べられるってなるもはほんの一握り。それでも大勢が挑戦を続けてきたしこれからも。 今のモーニング娘。は15期メンバーまでいて21世紀生まれが増え続けてます。ダンスの良しあしとかわかりませんけど。体が硬いとかだそうです。怪我につながるからってなるんでしょう。14~5歳だと目を見張るほどに進歩があるでしょう。
歌舞伎の世界では年齢一桁で初舞台だったりですけど、人間国宝ってレベルの歌舞伎役者さんがあの頃嫌いに毎日成長できるといいんだけどってゆってましたか。
ファンが見てるものはきっと空翔ける翼をもった少女たちなんでしょう。天使の羽をもっているってなりましょうか。テイクオフするときはもうすぐ。
ふたりがいたころをプラチナ期と言いますが、これはプラチナナインディスコってコンサートに由来しますけどその結果創世記のブームを黄金期、次をプラチナ期と呼ぶようになっています。 モーニング娘。が前に進み続けた証。いまメンバーになろうとしてオーディションを受けてる女の子は今のメンバーにあこがれてるわけで。今のメンバーはプラチナ期モーニング娘。にあこがれてってなりますでしょう。というかハロプロ各グループがそれぞれクロスオーバーして憧れの先輩のいるグループでなくても追っかけてる関係を生み出してるって言えるでしょう。
外国でのオーディションが無くなってるのは、日本だけでもレベルアップ図れるというのと。外国にもそれぞれアイドルグループが生まれてきてるからってあるでしょう。リンリンはアイドルグループのプロデュースもしています。

 

3月27日の学習会について その7

 

アメリカは日本の3倍の人口ですけど毎年公開されてる映画の数は日本の方が3倍あったりします。単館上映や映像販売レンタルなどがあるからでスターシステムのハリウッドのようなアルバイトしながらレッスンを受けてオーディションをめざすとかだけではないってことも多い。日本のアイドルシステムは完成しないことを尊いとする日本型の価値意識が生み出したしたともいえるでしょう。自分探し自分づくりの過程を大切にする。
日本のアイドルの総数は分かりませんが、表現者としてパフォーマンスをなりわいとしてるってものからアルバイト的なものまであるんだろうと思われます。あるいは今のハロプロには芸能人がピアノを弾いてるんじゃなくて、ピアニストがアイドルやってるって娘もいたりします。音楽大学に受かったかどうかはまだわかりませんけど今年だけでなく挑戦はするんじゃないかな。
ジュンジュントリンリンの挑戦が日本の芸能界に入るってことだけではなくて、日本の音楽シーンの中に入ってつかんだものを持ち帰ったということなら種は芽吹いて大きな樹に育つかもしれません。二人がいたプラチナ期の作り出したものが今とこれからをつくっていく。というよりもうすでにあの頃憧れていた女の子がベテランや卒業ってとこにいて、その子達にあこがれた子が中堅どころにいて、オーディションを受けたいって子は今に子たちにあこがれてってことになるでしょう。あのころはすでに伝説。だってですね。新しく加入しましたって自己紹介してるのは2008年に生まれましたとかですから。
社会はときに激流のような流れの部分と穏やかな流れのってあって、若さは激流に身を任せたり生み出したりしていくってことなんでしょう。
伝説はフィクションじゃないですけど歴史そのものでもなくて、こういう時代だったって伝わるものがあるといいなって思います
現状3月末にできるかどうかは不明ですがチラシも資料もこういう形で公開してますからできなくても届くものはありますでしょう。もし可能だとなったらネットには出せないようなネタも仕入れておきましょう。誤解されたくないですけど個人や団体組織などを誹謗中傷したりはしません。誤解されそうな表現とその説明ってことになると思います。
レッテルを張ってってことから話は始まるでしょうけど。レッテルを張って終わりでは思考停止進歩がないというものです。

 

3月27日の学習会について その8

 

今というのを描き出すのは難しいです。錯覚も思い込みもある。音大を受験するって思いこんだのは高校生で国際的なピアノコンテストで2位になったというのを聞いて、自分に加えるものとして歌ダンス演技など挑戦するアイドルになったのだと思ったわけですけど。すでに大学生だった。感覚ずれたってことでしょうか。
いまでも中国人留学生が居たことの意味は歴史的解明ってとこまではいってないでしょうけれど、先輩の到達点を出発点にしてってものではあるでしょう。小学生から研修生になる。他でレッスンや勉強をして参加してくる。そのことでムーブメントとしての幅ができるってことでしょう。20歳以上の大人もいたりしますけど、小学生も。といってもデビューは小学生はない風になってきてますけど、これはまた変わっていくかもしれない。 伝統としてのアイドルとかだとそうなってくんでしょうか。
今の時点では中止にはしません。理由は日中友好協会にかかわっているしモーニング娘。をってなるとわたしい以外にいないのではないかとなると何人も集まらないでしょうし。そのころは窓を開けていられるでしょうってこともあります。参加費は無料とします。

 

2020.1.7 本年も変わらぬ御愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

『中国百科検定学習会』を行います。

 

 

『中国百科検定学習会』

 

2019.12.12 < 女 性 の 会 > 2020新年会 1月9日(木)14:00~16:30

都連(東方学会ビル)4階A教室
新しい年を<女性の会>で楽しく始めましょう!
親しい友人や知り合ったばかりの人もさそって、みんなで一緒に笑い・食べ・ おしゃべりしましょう!
中国の友達・お知り合いも是非さそってください。
1. レクチャー「神保町と中国の女子留学生」(前山加奈子)
2.ラフターヨガ(笑いヨガ)(指導:平山百子)
3. みんなで歌を!(中国と日本の歌)
4. 一品持ち寄りでの茶話会・
おしゃべりタイム
会費:500円(持参者は不要)

 

〔陸永忠 阿香游中国〕

 

 

 

 

2019.11.26 10月の講座開講中!ご見学、ご体験可能!

今ご入学すると、入学金\5,500無料キャンペーン11/30まで!

 

東京都連では、秋の中国語、太極拳の講座を10月より実施しております。随時、体験、見学が可能です。お待ちしております。

 

中国語講座: https://jcfa-tokyo.wixsite.com/chinese

 

太極拳講座: https://tokyo832.wixsite.com/jcfa-tokyo-taiji

 

2019.10.16 10月の講座開講中!ご見学、ご体験可能!

この度の台風第19号により被害を受けられた皆様方に、心からお見舞い申し上げます。

 

東京都連では、秋の中国語、太極拳の講座を10月より実施しております。随時、体験、見学が可能です。お待ちしております。

 

中国語講座: https://jcfa-tokyo.wixsite.com/chinese

 

太極拳講座: https://tokyo832.wixsite.com/jcfa-tokyo-taiji

 

2019.10.19台風による講座の中止・開講延期につきまして(10/12,13開催講座)

10月12日(土)及び13日(日)の授業は台風による悪天候が予想されるため、講座を中止させて頂きます。
恐れ入りますが、宜しくお願いいたします。
公式HP、Twitter、Facebookにても更新状況をお知らせしますので、お手数ですが随時ご確認ください。